破産宣告の気になる平均費用とは?※破産宣告について徹底解説!

破産宣告の気になる平均費用とは?※破産宣告について徹底解説!

破産宣告の気になる平均費用とは?※破産宣告について徹底解説!

借金の返済日が近づくにつれて胃がキリキリし、夜も眠れない。そういった生活から解放されるのが破産宣告です。破産宣告をすると一定の資産を手放すことにはなりますが、多重債務の苦しさから逃れられるので、どうやっても返せないほどの莫大な借金がある時は破産宣告した方がよいでしょう。自己破産については、多くの人が間違った認識をしています。これは人生を再スタートさせるための手続きです。仕事をクビになったり、戸籍が傷ついたり、選挙権を失ったりはしません。また、破産後に得た資産は完全に自由となります。では、破産宣告するのに一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか。お金に困って自己破産する訳ですから、これはシビアな問題です。実際はプロである弁護士や司法書士に依頼するケースが多いと思われますが、その方が手続きも間違いがなくスムーズに進むので良いでしょう。それで肝心の手続き費用ですが、弁護士の場合は平均で30万円くらい、司法書士の場合は平均で20万円くらいです。処分する資産がどれくらいかで費用が上下しそうですが、平均して20~30万円くらい必要だと考えておけば良いでしょう。また、収入が一定水準以下の人の場合は法テラス立て替え制度が利用できます。この場合は、法テラスが費用の一部を立て替え、弁護士・司法書士に約10万円の報酬が支払われます。依頼者は法テラスに立て替えてもらった10万円を毎月5千~1万円分割で支払うことになりますが、破産宣告時に必要な費用を減らせるメリットがあります。