破産宣告のデメリットってどんな事があるの?|借金返済相談ナビ

破産宣告のデメリットってどんな事があるの?|借金返済相談ナビ

破産宣告のデメリットってどんな事があるの?|借金返済相談ナビ

破産宣告をする事により借金を清算できる「自己破産」という制度。
簡単に言えば借金を返さなくても済むという事ですから一見楽な制度に見えますが、当然それ相応のデメリットが存在します。
その一つに現在所持している財産の多くが差し押さえになってしまう事です。
土地や持ち家といった不動産は全て無くなり、住宅ローンなどを払っている場合は、それ以上払わなくて良いものの、住宅自体を手放す事になるので払い損となります。
他にもマイカーや大半の現金や預金、株券、有価証券なども差し押さえの対象となります。
クレジットカードの作成やローンを組む事も難しくなり、職業の制限も出てきます。
自己破産の許可が下りるまでは様々な職業だけでなく資格も制限されてしまうので、多くの場合は今まで就いていた仕事を辞める事になります。
その期間は数ヶ月程ですが大きなデメリットである事に変わりはありません。
そして破産宣告の最大のデメリットは他人にも多大な迷惑を掛けてしまう事です。
財産を失った事で自分だけでなく家族をも路頭に迷わせる事になってしまい、子供の養育費や学費を払う事もままなりません。
破産宣告によって離婚をする家庭が非常に多いのが現実です。
更にそのデメリットは家族だけでなく連帯保証人にまで及びます。
連帯保証人には借金返済の免除が成立しない為です。
自己破産を宣告するという事は事実上全てを失い、一から人生を出直さなければならないという事をしっかり認識しておく必要があります。